株式会社富士建

不動産物件情報

アクセス   サイトマップ   会社概要

電話番号

鉄骨造 作業の流れ

1.
地鎮式

地鎮式
事前に行う式祭殿
工事の無事や安全と、建物や家の繁栄を祈る儀式。地の神様へご挨拶を致します。

 

2.
基礎工事(掘削)

基礎工事(掘削)
建物の基礎を作るための掘削。
丸い塊は、杭で御座います。掘削前に、杭工事を施工致します。このコンクリートの塊の中に、支持層まで到達した鉄筋かごが入っており、塊の上部を斫り取る事(杭頭処理)により、建物と接合する部分の鉄筋を出し、基礎の鉄筋とつなげ建物からの力を杭まで伝えます。

 

3.
鉄骨製品検査

鉄骨製品検査
鉄骨製造工場にて製作された鉄骨を、設計図通りに製作されているか、曲がりや溶接の不良が無いか、設備を通す穴は正しい位置かなど、設計者、及び施工者にて製造データを含めて、製品検査を行います。ここで合格した鉄骨を、工事現場に搬入致します。

 

4.
鉄骨建て方

鉄骨建て方
鉄骨製造工場より、工事現場へ搬入した鉄骨を、組立致します。 本物件は、全面道路が狭いことも有り通行止めの上、ラフタークレーンにて 鉄骨を組み上げました。鳶職人にて柱・梁の位置を誘導し、1㎜単位で曲がりが無いかを細かく確認しながら、高力ボルトにて鉄骨同士を接合致します。

 

5.
足場組立

足場組立・シート張り
鉄骨が組み上がりましたら、現場内からの落下物を場外に出さない為、また外部からの防犯上の為、足場を組立た後には、外装工事用のシートを張ります。その後、本物件は鉄骨ALC造となる為、ALC(軽量気泡コンクリート)の壁やサッシ、外壁タイルを取付施工致します。

 

6.
竣工

工事完成
全ての工事が完了致しましたら、工事竣工検査を行います。検査機関での検査、消防検査、当社社内検査、お施主様検査を実施の上、ご指摘箇所があれば速やかに修繕の上お引き渡しを致します。お引き渡しが完了致しましたら、半年点検、1年点検、2年点検を実施致します。当社アフター規定に基づき、不具合箇所が御座いましたら、修繕を致します。お引き渡し後のお付き合いを大切にしたいと考えておりますので、お気軽にご相談頂ければと存じます。

↑ ページトップへ